英語の発音の勉強

英会話勉強法

■知っていても発音できない英単語たち

 

英語の発音って難しいですよね。

 

意味やスペリングは知っていても発音がわからない英単語も多いのではないでしょうか。

 

辞書には発音記号がのってはいますが、その記号の読み方がわからないという人も少なくないでしょうし、だからといってなかなか勉強をする機会もないですよね。

 

「音韻論」などで学術的に発音を学ぶこともできるのですが、専門的な話になってきますし実際に発音するとなるとまた違ってきます。

 

では、英語の発音を勉強するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

■まずは聞くこと!

 

まず第一にしっかりと発音を聞くことです

 

耳の良さや音感の良さで、英語の発音がきれいかどうかが変わってくるという話も耳にしたことがあります。

 

つまり楽器と同じで、自分が聞いた音といかに同じ音を出せるかが大事ということです。

 

英語話者が実際に喋っているのを間近で聞けるのが一番なのでしょうが、それが難しい場合は、ネットや電子辞書に発音が登録されていることも多いのでそれを参考にしてみるといいと思います。

 

■「口の形」と「舌の位置」を意識する

 

第二に口の形を意識することです。

 

英語の発音に大事なのは口の形と舌の位置なのだそうです。

 

どういう口の形をして舌はどの位置でどういう音を発するのか、ということを発音記号があらわしています。

 

日本人に英語の発音が難しいと言われるのは、日本語にはない音が存在するからです。

 

この発音の仕方についてもネイティブに指導してもらうのが一番なのですが、なかなかそういう機会もないと思いますし、口で言われても理解しづらいということもあると思います。

 

そんな場合はネットで調べると、発音記号の解説や、口の形や舌の位置を図解したもの、動画で表してくれたものなどたくさんあるので活用してみてください。

 

基本のかたちや音さえ覚えてしまえば発音記号をもとに発音することも可能です。

 

■発音は自分の耳と口で覚える

 

よく海外旅行用や接客英語のハンドブックのような英会話本、なじみの深いところではカラオケのテロップなどにはカタカナで発音が表記されていることがありますよね。

 

それを頼りにすることはお勧めしません。

 

むしろ日本語の発音にとらわれないためにも見ない方がいいでしょう。

 

英語の発音というのはカタカナで表せられるものではないのです。

 

なので発音を調べてもカタカナで書いてはいけません。

 

英単語の発音は自分の耳と口で覚えるようにしましょう。

 

英語の発音に慣れるためにも、該当するサイトや電子辞書を活用するのもいいですし、海外ドラマを見たり海外ニュースを聞いたりするのもいいでしょう。

 

ネットやスマホを使えばいつでもどこでも英語を聞くことはできます。

 

できるだけ毎日英語を耳にし一緒に発音してみたりすることで、発音も英会話のスキルも上達することでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました