英会話につながる英単語の覚え方

■英単語帳で大事な場所

 

みなさんは英単語を覚えるときに、単語帳のどの部分を見ていますか?多くの人は英単語とその意味の部分をみて覚えていると思います。英単語の試験のために丸暗記をしたい、という場合にはそれでも大丈夫かもしれませんが、英会話につながる覚え方をしたい場合は、他にもっと見るべき場所が存在します。英単語は覚えたのに英会話の中でうまく使いこなすことができない、という悩みを抱えている人も多いかと思いますが、見る場所を変えるだけで随分変わってくると思います。

 

■大切なのはずばり「例文」

 

多くの単語帳には、英語と意味のほかに「例文」が存在します。見るべき場所というのはずばり「例文」です。なぜここを見るべきなのかと言うと、すでにできあがった英文から覚えることで用法や使い方ごと覚えることができるからです。特に動詞などは前置詞との組み合わせでニュアンスが変わってきたりしますが、単語の部分だけを見ていたのではそれはわかりませんよね。例文の部分にはそれが書かれている場合だってあります。「この単語はこういう表現に使う」ではなく「こういう表現をしたい時にはこの単語を使う」という風に覚えることができるのです。そうすることで英会話で使える表現を自然と身につけることができます。

 

■「例文」から覚える

 

覚え方は通常の英単語の覚え方と何ら変わりません。ただ「例文」から覚えるというだけです。「例文」をみて、次にその和訳を確認、そして最後に単語自体の意味をチェックするという形です。テキストによっては付属のシートを重ねると該当の単語の部分が隠れて穴埋め状態になるものもあるので、それを活用するのもいいと思います。穴埋め状態になっている英文をみて、その和訳からどういう英単語が入るか考えるのです。テキスト自体に例文がない場合や、複数意味や用法があるのに例文が一つだけしかない場合などは、自分で例文を作ってみるのもトレーニングになっていいかもしれません。

 

■「例文」を覚えて英会話に

 

どうやら最近では専用のマーカーをつかってラインを引き、専用アプリで撮影すると画面上で穴埋めになりタップすると該当の文字が浮かび上がる、という文房具も発売されているようなので、そういったものをつかってゲーム感覚で覚えてしまうのもありだと思います。「例文」では理解しにくいのでまずは「単語」を覚えたい、という人もいるかもしれません。その場合はまずいつも通り「英単語」から覚えても構いません。ですがその後には必ず「例文」を覚えるようにしてみてください。そうすることで「英単語は覚えたのに英会話で使えない」という状態は解消されるはずです。せっかく覚えるのですから、英会話につながる英単語の覚え方をし、表現の幅を広げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました