英会話教室で肝心なこと

■テキストだけが勉強ではない

 

英会話教室や学校などでの英会話の授業で大切なことは何だと思いますか?しっかりとテキストの内容を理解し課題をクリアすることでしょうか。もちろんそれも大切なことではあるのですが、私はそれ以上に大切にしなければならないことがあると思っています。英会話の授業では、テキストにのっとったやり取り以外にも、先生や受講者同士で雑談したり、授業の導入としての話があったりと、テキスト以外の会話の部分が必ずあると思います。その瞬間こそが一番大切だと考えています。

 

■あれだけ勉強した英語がしゃべれない

 

中学校(最近では小学校)から授業で英語を習い始めていても、英語がしゃべれないという日本人は多いですよね。文章を書かせたらすごいのに、いざ話すとなると日本人は全くしゃべれない、とおっしゃる海外の方もいるのだそう。これは日本の教育の制度が原因だとも言われています。最近では見直されてきている部分もありますが、日本の教育は試験に通るための教育だとされています。そのため、定期試験であれば教科書の丸暗記さえしていればクリアできてしまいます。大学受験の場合でも、受験をクリアするための勉強になってしまうのだそうです。目的が試験のクリアになってしまっているために「あれだけ勉強した英語がしゃべれない」という現象が起きてしまうのだとか。

 

■大切なのは「会話をする」こと

 

そう考えると、いくら英会話教室に通っていてもテキストにのっとったことだけをしていたのでは、試験のための勉強と変わりませんよね。たしかにテキストにはよくあるシチュエーションがのっているかもしれませんが、100%そこにでてきた会話が使えるわけではありません。テキストはテキストで表現を身につけるための教材として利用するべきではあるのですが、それ以上にテキスト以外の所で「会話をする」ということが英会話上達への近道だと思います。なぜならそれはテキストにのった英文を「読む」のではなく、自分で英文を考えて「英会話」をしている瞬間だからです。英会話教室に通っていても上達しないという悩みを持っている人は、もしかしたらテキストにとらわれすぎているのかもしれません。

 

■積極的に雑談を

 

私の場合は通っている英会話教室にテキストを使った通常授業以外に、大勢が集まりテキストを使わずにいわば談話をするような授業も受けられたため、定期的にそちらの授業にも参加するようにしていました。また授業時間以外にも講師の方にお会いしたら、自分から話をするようにしていました。そうして積極的に英語でコミュニケーションをとることで「英会話をする」時間を増やしていきました。英会話教室で肝心なことは、テキストにのっとって学習することではなく、「会話」をするということなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました