意味は英英辞典で調べる

英会話勉強法

■英語が上達したいなら英英辞典を使おう

 

みなさんは英単語の意味を調べるとき、辞書はなにを使っていますか?多くの人は英和辞典を使っているかと思います。ですが英会話を上達させたいと思っている人におすすめしたいのは英英辞典です。英単語の意味が英文で書いてある、日本でいう国語辞典のようなものですね。私はこれを活用して英単語を調べるようにしています。英語を専門に勉強している人も使っており、英語に慣れてくるとこちらの方がニュアンスもつかみやすいのだそうです。英英辞典は本屋で普通に購入することもできますし、今では電子辞書に入っている場合も多いでしょう。スクールによっては入学したさいに教材と一緒にもらえるところもあるようです。

 

■英単語の「言い換え」表現がわかる

 

英英辞典を使うメリットは英単語の「言い換え」がわかるという事です。まずは試しに意味を知っている簡単な単語を調べてみてください。その単語を英語で説明するには、どういう表現をしたらいいのかを知ることができます。英会話をしていて相手の言っていることはわかるのに、自分が言いたいことをどう表現したらいいか分からないという事はよくあると思います。英英辞典で英単語の意味を英語で表現する方法になれていれば、自分が言いたいことも思い出せない難しい単語を使うことなく「言い換え」で表現することができるようになるのです。

 

■ニュアンスの違いと使い分け方がわかる

 

また先ほど英語に慣れている人にとっては英英辞典の方が英語のニュアンスをつかみやすいと言いましたが、これもメリットの一つと言えるでしょう。例えば「like」と「love」はニュアンスが違うという事は有名ですが、日本語であらわすとどちらも「好き」になります。「see」も「look」も「watch」はどれも「見る」です。これらは有名な例なのでニュアンスの違いは学校で習ったという人も多いと思いますが、この他にも日本語で表したら同じだが、使い方が違う、ニュアンスが違うという単語が多く存在します。それらのニュアンスの違いを理解し、正しく使い分けられるようになるためにはやはり英英辞典が一番です。

 

■英英辞典を使いこなし差をつけよう

 

他にも英英辞典には例文はもちろん、類義語や対義語が載っている場合がほとんどなのでそれらも含めて覚えることができる、などいろいろなメリットがあります。英語を英語で理解できるようになれば、英会話をする上でも相手の言っていることをスムーズに理解できるようにもなります。英英辞典というと高度なように聞こえますが、要は国語辞典と同じなので、基礎的な英語で書かれているので物おじする必要もありません。むしろ英語に触れ、理解できない単語に触れ、さらにその単語を調べることでより多くの英語に触れるというサイクルを作る。そうすることで同じ教材を使っていても英和辞典で単語を調べている人に差をつけることができると思います。英英辞典を活用し、より自然な英会話ができるよう頑張っていきたいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました