英単語は英会話の中で覚える

■覚えたつもりでも……

 

学生時代に「英単語」を覚えるのに、単語帳を持ち歩いたり、ひたすら書いて暗記した、そんな経験ありませんか。どんなに書いてもなかなか覚えられずに苦労したという人は多いと思います。テストのときなんかはそれでもなんとかなるんですが、いざ英会話の中で使おうと思うと発音があやふやだったり、本当にあっているのか迷って結局使えずに終わったということはよくあります。たとえ「英単語」を暗記できたとしても、いざ使えなくては意味がありません。では、どうしたら効率よく「英単語」を覚えることができるのでしょうか。

 

■身に付く英単語の覚え方

 

ズバリそれは「英会話の中で覚える!」です。今まで英単語をノートに反復して書いたり、単語帳をよんだり、英単語のCDをきいたりといろいろ試しましたが、この方法が一番効果がありました。そもそも英会話の中で覚えた英単語を使えなくて悩んでいるのに・・・・・・と思われるかもしれませんが、この方法で覚えると、英単語を身に着けることができ会話表現の幅も広がって効率的なのです。

 

■目標を立てて英単語を使ってみる

 

英会話教室に行く日、まず自分の中で目標を立てます。「今日は○○という単語を会話で使おう」という目標です。最初のうちは1つ、だんだん慣れてきたら2つ3つと増やしていくといいと思います。単語自体はどんな会話にでも使えるような簡単なものからで構いません。単語帳などを参考にすると使い方や例文が出ているので英会話に活かせると思います。会話の流れで目標にしていた単語が出せそうにない、という時にはその単語が使えるような話題を自分から提供するのもいいでしょう。これは文法を覚えるのにも使えます。

 

■使える英単語を覚えるということ

 

この方法のなにが効率がいいのかというと、日常的な英会話の中で使える単語を覚えられるということです。実を言うと日常会話において、よく登場する単語というのは限られています。自分が目標にした単語が自然と会話の流れの中で使えたのなら、それは比較的よく出てくる単語ということです。また、使い方があっているかどうかも相手の反応からリアルタイムに知ることができます。会話の相手が教室の講師であれば指摘もしてくれるでしょう。こうやって使っていくうちに自分の中のボキャブラリーも自然と増えていきます。

 

■まとめ
最近ではわざわざ英会話教室に通わなくても、英会話を楽しめるカフェやパブがあったり、海外の方がよく集まる場所などもたくさんあるので、英会話に挑戦するチャンスはたくさん転がっています。単に単語帳やノートとにらめっこしていても、本当の意味で英単語を覚えたということにはないません。大事なのは身に着けることです。ぜひ、あなたもこの方法を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました