聞き流すだけで、英語を話せるようになる?

英会話勉強法

ほとんどの専門家が、聞き流すだけでは、英語が話せるようにはならないと言ってます。だって聞き流すだけで英語が話せるようになるのなら、フランス語もドイツ語も、中国語も聞き流すだけで、話せるようになるはずですよね。

でも、こんな体験談を寄せてくれた読者がいます。

自分にピッタリの英会話教材

数多くの英会話教材が販売される中、私が選んだのはスピードラーニングでした。正直なところ、英会話教材の購入にあたり一番に思い浮かんだのがスピードラーニングだたっというのが購入に至った最大の動機です。CMでも有名人(人気ゴルファー)が起用されていますし、他の英会話教材よりもスタートの時点で、一歩抜け出ている感じがします。何はともあれ、英会話学習に本気になったならば、このように中身よりも形から入るというのは、意外と大切なことなのかもしれません。だって、教材の良し悪しはというのは学習を続けていく中で初めて判断できるものだと思っていますし、そういう意味では英会話教材選定方法として、私の考え方は決して間違っていないと思います。

さて英会話教材としてスピードラーニングを選んだ動機は、先ほど述べたようにいわゆる知名度によるものが大きかったのですが、もう一つ理由があります。それは、母国語と同じように英語をマスターしたかったからです。つまり、とにかく聞き流すという過程が言語をマスターするうえで絶対に必要になってくると考えたのです。なので、スピードラーニングは私にうってつけの英会話教材であり、他の英会話教材とは一味違う魅力が詰まっているのです。聞き流すだけで英語をマスターできる英会話教材スピードラーニング。このような謳い文句で一躍メジャー英会話教材としての地位を確立し、今でもCMや雑誌などあらゆる媒体で目にする毎日です。

では実際の英会話教材としての価値はいかがなものなのでしょうか。その答えは簡単です。私にピッタリの英会話教材だと声を大にして発言することができ、つまりは優れた英会話教材であることに何の疑いの余地も無いのです。というのも、これまで数々の英会話教材を活用してきましたが、正直どれもあまり効果が無かったからです。それが、スピードラーニングを取り入れたことによって、ここまで劇的に上達するとは思ってもみませんでした。つまり自分に合った英会話教材を選ぶ事が能力向上に直結しているという事ををまざまざと実感したのです。

スピードラーニングが私にピッタリの英会話教材だと思うのには、当然ながら理由があります。それはズバリ、私にはすでに英語の文法であったり単語力であったりが、ある程度備わっているという事に尽きます。つまり、テスト形式の英語能力はかなり長けていると思われ、あとは、いかにして、英会話能力を向上させていくかだったのです。そういう意味では私にうってつけの英会話教材であり、英会話学習法なのです。教材選定には先ほど述べたように知名度を優先したものの、聞き流すというポイントは十分に把握したうえでこちらの教材に目をつけ、そしてそれが正解であったことを肌で実感しています。こちらの英会話教材によって、私の英語能力は最終段階に辿り着きつつあり、とても充実した学習が行えています。

「聞き流すだけでいい」という英会話教材は非常に魅力的に映りますが、学習を継続していくと、リスニング能力の向上のみならず、スピーキング能力も養われていることに気づきます。スムーズな英会話を図るうえで、決して避けて通れないのがスピーキングです。そりゃそうですよね。いくら相手が言っていることを理解できたとしても、こちらが言いたいことを伝えれなければ、英会話は成立しません。それを教材によってサポートしてくれるのですから、本当にありがたい限りです。活きた英語を身に着けるためには、このような聞き流しこそが一番の近道なのであり、それを可能にしてくれる英語教材スピードラーニングはもはや英会話学習に欠かすことのできない非常に優れた教材であると言えそうです。英会話を本気で向上させたいならば、このような優れた教材の活用が求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました