誰でもマスターできる英会話

英会話勉強法

文法を重視しすぎない

英語はできないけれど、日常的な英会話程度でもできればいいのにな・・・と考えている方は多いことでしょう。
せっかく習ってきた英語の授業は、全然活かしきれていないことが多いものです。
日常の英会話をしようと考えた場合、1500程度の英単語を理解していれば、十分に話をすることができるとされています。
ちなみに英字新聞を読むためには、3000以上もの英単語を理解していないといけません。
日本の英語の授業では、正しい文法を使うことが良いと習ってきました。
そのため、英会話をする際に、一語一句文法の間違いがないようにしなければ、もしかして会話が通じないのでは?と感じる方もいらっしゃるようです。
正しい文法で英会話をすることは、TPOによって必要となることもありますが、日常会話をする上では、それほど文法を重視することはありません。

大事なのはフレーズで覚えること

もちろん、あまりにもひどすぎると、全く意味が通じないなんてこともありますが、ある程度の間違いがあったとしても、何となく意味は通じるものです。
ビジネス用英会話を覚えたい場合は、正しい文法は必要となってきますが、日常会話程度ならば、英会話を覚える場合、それほどムキになって文法を気にする必要はありません。
一番大切なのは単語や文法より、その場のシチュエーションに合った言葉を覚えるということです。単語や文法でなくフレーズで記憶することが大事です。こういったときにはこういったフレーズと覚えていると、自然に会話をすることもできるようになります。

間違っても気にしない

間違えた英語をしゃべると恥ずかしいから、それだったらしゃべりたくないと思う方も少なくありません。単語だけのカタコト英語はカッコ悪いと思う方もいらっしゃることでしょう。
ただ英会話を習得したいと思うなら、間違いを恐れずに、とにかく会話をすることが大切です。
観光で日本にやってきている外国人の方は、恥ずかしげもなく、カタコト日本語で私たちに話しかけてきます。時に間違っていることもありますが、伝えようとしていることは、なくとなく聞いていると理解できるものです。

会話をすることが必要

英会話を習う場合も同じことが言えます。完全な英会話でなければ、相手は理解できないなんてことはありません。多少、文法や単語が間違えていても、言いたいことが伝わっていれば良いのです。
英会話教材どおりの英語を使えなくても、お互いが会話を繰り返すことで、これは伝わる、こういうときはこういった返し方をするなどということが、自分でも理解できるようになるのです。
覚えたフレーズを、間違いなくしゃべることよりも、まずは会話の流れを覚えていくことが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました