英会話は独学でも始められる

英会話勉強法

まずは、耳を鍛えよう

英会話を上達させるうえで、大切なのは会話が聞き取れることです。

 

とりあえず、意味は分からなくても何を話しているのかわかるようになれば、それが第一歩です。

 

赤ちゃんが言葉を覚えるときに、最初は話すことはありません。

 

ただ、意味もわからずにただ聞いているだけです。それが聞き取れるようになってくることで、話せるようになっていくのです。

 

大切なのは、意味はわからなくてよいので、しっかりと聞くことです。

 

英会話もそれと同じで、いくら単語を覚え、意味をしっていても、会話はできないのです。

 

しっかりと聞くことで発音もできるようになりますし、話し方がわかってくるのです。

 

そして真似て発音することです。

 

いきなり、英会話教室にいったところで、そんなに簡単に会話はできないのです。

英語は単語単体で覚えても話せない

英語の単語はいろいろなところで、出てきますし、学生の頃にも勉強はしています。

 

ある程度の単語は覚えています。

ですが、その勉強で単語を覚えたり、文法を覚えることで、英語が話せるようになるのでしょうか。

 

書面に書かれた英文の意味は理解できますし、英文を書くこともある程度はできます。

 

しかし、会話をするということとはまた異なるのです。

 

単語を覚えるのが目的ではないのですから。

海外ドラマがよい教材になる

レンタルショップなどで借りることのできる海外ドラマなどは英会話を学習する上でとてもよい教材とすることができます。

 

もちろん、ドラマの内容にもよるのですが、家庭の日常を舞台としているような、ホームドラマ的なものがよいです。

 

SFなどの場合、一般的ではない表現が多く含まれるので、英会話を学習するのには向いていません。

 

方法としては、まず、吹き替えで見て内容を理解するのです。内容が理解できれば、英語音声で見るのです。

 

このとき、英語の話している内容をしっかりと聞きましょう。

 

その映像と会話がリンクすることにより、英会話を理解しながら聞いているという状況になればよいのです。

 

いきなり英語だけを聞いて単語を調べながらだと、ドラマの内容もそこでストップしてしまいます。

 

英語を聞いて映像等を通して理解するような癖をつけることが大切なのです。

英会話はオウム返しで話せるようになる

ただひたすらドラマのセリフをオウム返しする、これだけで英語を話せるようになった人がいます。

 

彼女はいつもバイリンガルですか?と聞かれるのですが、海外に旅行で行ったこともないと言っていました。

 

しかし、誰もがバイリンガルと思えるほどアメリカ人と流暢に話をしています。

 

海外で生活したこともない人が、どうして流暢なアメリカ英語を話せるのか、誰もが気になります。

 

彼女曰く、ビデオを見て俳優になった気分でセリフを真似していただけだと言います。

 

彼女の趣味は、海外の映画俳優のセリフを真似る事でした。

 

何回も映画をビデオで観て、オウム返しのようにセリフを話す。

 

アメリカの映画を観て、その映画の俳優のセリフを全部言えるようになれば、日常会話にはほとんど困らないようです。

 

こう言えば、こう答える、といったパターンも自ずと覚えてしまうのですね。

 

独学で英会話が出来るようになるには、この方法が一番だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました